マナーを守ってテレフォンセックスを楽しもう

テレフォンセックスのマナーを守りましょう。 - テレフォンセックスの歴史について

テレフォンセックスの歴史について

テレフォンセックスは今の若い人たちからすると新しいと思っているかもしれません。
しかし40代、50代からすれば、懐かしいと思えるかもしれません。
それは1980年代に流行しているからなのです。
■テレフォンセックスの歴史はテレクラから
現在のテレフォンセックスの歴史は、テレクラがきかっけです。テレクラと言われるサービスが元々は原点なのです。今でこそ看板はあまり見かけないかもしれませんが、1980年代は、テレクラの看板を堂々と掲げた店舗が多数ありました。夜になると繁華街のネオンを彩る一つだったのです。そのような光景は現在はあまり見かけませんが、まだ残っているところもあります。
■実際に会う人も会わない人も
テレフォンセックスの歴史の中で、テレクラ時代は実際に会う人もいれば、電話だけの関係で合わない人もいました。原点はテレフォンクラブにありますが、それは今も昔も変わりません。テレフォンクラブのシステム、これは男性が店舗へ行き、個室で女性からの電話に待機しているのです。そして女性から電話がかかってきて、後はやり取りをしてテレフォンセックスへと持ち込むという流れです。
■現在はライブチャット、スマホ、パソコンの普及で
現在のテレフォンセックスでは店舗型はあまり多くはありません。もちろん今もなお店舗を構えているテレクラはありますが、現在はネットを介することの方が多いでしょう。ネットを介してライブチャットやスカイプを使ったテレフォンセックスをすることが多くなりました。歴史は30年以上ありますが、どんどん進化しているといってもいいでしょう。
テレフォンセックスの歴史は実はとても古く、今の形は新しい形です。今は利用者にとって便利で、さらに手軽なシステムになりました。

関連する記事

ページ上に戻る